アナタのこれまでの人生は、もらうよりも与えることの方が多かったですよね?

30代になると仕事は一人前になりますが・・・

30代のサラリーマンやOLにもなれば、仕事は一人前にできるようになる一方、会社の方針に不満を感じ始める頃でもあります。

「自分だったらもっとうまくやれるのに・・・」と、上司や会社の方針に不満を感じると同時に、自分に対する自信も出てきます。

そして、「このまま、この会社に勤めていいのだろうか??」という疑問を持ち始めます。

もしアナタが30代男女で、このような疑問を感じているなら、今が転職や独立に踏み切るタイミングなのかもしれません。

なぜなら、40代になると転職や独立に対する門戸は狭まり、あまた自身の体力やエネルギーも落ちてくるからです。

アナタの上司はアナタの可能性を十分に理解できる器ではないとしたら

もし、アナタが転職を考えているなら、アナタは自分の能力を活かしきれない環境で仕事をしていると考えているのかもしれません。

今の仕事は決して悪い仕事ではないし、やりがいもある。期待もされている。

でも、残念ながら、アナタの上司はアナタの可能性を十分に理解できる器ではない。

このように感じているのなら、転職や独立に踏み切る時期は近いかもしれません。

社会に出てからの方が勉強しているなら

転職や独立を考えているような成長にどん欲なアナタなら、学校時代よりも社会に入ってからの方がたくさん勉強をしているはずです。

おそらく、アナタは何の役に立つのか分からないようなことには興味が持てない性格なのではないでしょうか?

その反面、自分にとって必要で意義のあることだと思ったら、誰よりも熱心に勉強する。

そんな本当の意味で「勉強家」と言えるアナタは、まさに転職や独立でキャリアアップしていくのに向いている人だと思います。

そろそろ、与えることが多い人生から、自分が本当に欲しいものを手にする人生にシフトチェンジしませんか?

転職エージェントに登録して転職のプロをタダで使う

もしアナタが「今が転職に踏み切るタイミングなのかもしれない・・・」と少しでも思っているなら、今すぐ転職エージェントに登録することをオススメします。

登録は無料です。

転職サポートも転職先が決まった時もアナタは一銭も支払う必要はありません。

つまり、タダで転職のプロをアナタ専用のスタッフとして使えるということです。

転職エージェントは転職が決まった時に転職先の会社から紹介手数料をもらっているから、アナタからお金をとる必要がないのです。

転職エージェントに登録するメリット

もしアナタがまだそれほどリアルに転職について考えていなくても、将来のキャリアップのことを考えると早めに転職エージェントに登録しておいた方がいい理由がいくつかあります。

  1. 業界ごとの専門のキャリアアドバイザーが求人の紹介だけではなく、今後のキャリアプランも含め案内してくれる。

  2. 経済や業界動向等のマクロ的なことから、細かな企業情報までを含めた幅広い知識や情報を知ることができる。

  3. 自分が気付いていない可能性やキャリアの可能性を広げる求人を紹介してもらえる。

  4. 世の中に知られないようにこっそり求人している非公開求人に出会える。

  5. 自分からは積極的にしずらい年収交渉を代わりにやってもらえる。

  6. 就業条件や入社日の交渉など企業との調整をサポートしてくれ、転職活動をスムーズに行える。

  7. 転職活動を成功させる「コツ」をアドバイザーがアドバイスしてくれる。

  8. 応募書類を添削してもらえる。

  9. 面接対策として想定質問を元に本番さながらのシミュレーションをしてもらえる。

このように何かとメリットがあります。まだ転職をリアルに考えられない人でも事前に登録しておくことで、ビジネス情報雑誌を毎月読んでいるのと同じくらいの知識がつくかもしれません。

ライバルのアイツと差を付けるためにも、早めに登録しておくことが賢者の選択です。

登録しておくべき大手転職エージェント ランキング

業界で評判の良い大手転職エージェントを紹介します。

最低でも1社、できれば3社ほど登録しておくといいでしょう。

A社にはあるけど、B社にはないという優良求人もあるので、満足のいく転職を成功させた人は3社ほど登録しているようです。

◆ 転職エージェント ランキング ◆

順位 転職会社 特徴
1位 リクルートエージェント »
言わずと知れた転職業界ナンバーワンのリクルート。実績豊富で、様々な会社とのつながりも強いです。
2位 DODA(デューダ) »
業界2位の転職エージェント。優良求人を紹介してもらいたいなら、登録だけでなく必ずキャリアカウンセリングを受けるようにしましょう。
3位 JAC Recruitment »
大々的に広告していないので、あまり知られていませんが転職業界では3位の人材紹介会社です。世界8カ国(イギリス・シンガポール・中国・タイ・マレーシア・インドネシア・香港・韓国)に拠点があるので、グローバルな転職を視野に入れている人はまず最初に登録すべき会社です。英文レジュメの添削や英語面接対策、中国語話力のレベルチェックなどもやってくれます。

転職エージェントに登録する最大のメリットは、非公開求人を知ることができるということです。

多くの場合、8割は非公開求人だと言われています。その理由は「リストラしている大企業が裏で求人している理由」で説明しています。

転職エージェントの方が求人サイトよりも募集が多い理由

インターネット上には「求人サイト」と上で紹介した「転職エージェント」が存在します。

両者の違いはどこにあるのでしょうか?

まずはっきり言えることは、「転職エージェント」の方が「求人サイト」よりも登録している会社が多いということです。

理由は両者のシステムに違いがあるからです。

「求人サイト」の場合、企業がエントリーするのにお金がかかります。つまり、先払いなんですね。良質な人材を得ようと得まいとお金がかかるシステムなのです。

一方、「転職エージェント」の場合、企業のエントリーは無料です。エントリーは無料ですが、良質な人材を獲得できた時に成功報酬として転職エージェントに紹介手数料を支払います。

つまり、企業側からしてみると、転職エージェントは成功した時だけお金を払えばいいという都合の良い後払いのシステムなのです。

このため、多くの企業は「求人サイト」よりも「転職エージェント」を利用するのです。

もし、アナタが「求人サイト」を利用しているなら、「転職エージェント」に乗り換えることで、今まで出会えなかった優良求人に出会える可能性が上がることでしょう。

登録しておくべき大手転職エージェント ランキングを戻る▲

リストラしている大企業が裏で求人している理由

転職エージェントに登録すると、一見すると「えっ」と思えるような大企業の求人に出会えます。

ニュースでリストラや工場閉鎖や赤字の報告がされている大企業が、転職エージェントでこっそりと求人をしているのです。

なぜ、大企業は表でリストラしながら、裏で新しい求人をしているのでしょうか?

まず、上場している会社は常に株主の目を気にしています。

業績が悪いのに何も対処しないと株主は黙っていないので、リストラや工場閉鎖などを断行します。

そして、こういった処理をニュースに流します。

このニュースを見た株主は、「業績を立て直そうと努力しているな」と納得してくれるのです。

しかし、求人は表ではできません。なぜなら、リストラしているのに求人しているとなると、リストラされた人やその家族は黙っていないからです。

世論が黙っていないのです。だから、非公開求人なのです。

転職エージェントでこっそりと求人すれば、世の中の人には知られずに企業は求人できます。

企業はリストラしていただけでは、業績回復できません。

会社というのも人間と同じで新陳代謝が必要なのです。

新しい人材が入ってこそ、活性化するのが会社です。

これが、リストラしている大企業が裏(転職エージェント)でこっそり求人している理由です。

真実というのはなかなか表に出てこないものなのです。中に入って始めて分かることって意外と多いのです。

だからこそ、転職エージェントに登録して自分の目で真実を確認することが大切なのです。

さらに、転職についての真実を知りたいなら、元転職代理人が語る!年収アップしたい人が知るべき転職スキルに目を通しておくといいでしょう。

登録しておくべき大手転職エージェント ランキングをに戻る▲

おすすめサイト